夫の浮気相手に法的な仕返し

夫の浮気相手に仕返しするための注意点や実例。主人の密通が疑わしげな際は、確定的な裏書き掴む。明らかなエビデンス勝ち取るまでは、不倫を嗅ぎ分けていることを口外しない方が賢明だ。

 

亭主が姦淫をしているのかもと疑わしく思ったとき、往々にして旦那が持っているスマートフォンを確認して、誰かと怪しいLINEのやり取りをしていないか、旅行の時刻表があるかどうかチェックしますよね。

 

けど、それだけだと法的に確然たる不義の証左と見なされないということをお気づきですか?。

 

自分にとっては、旦那が情婦といかがわしいラインのやり取りをしていて、愛してるとか語り合っていたら、それはもはや密通と判断しますよね?。

 

でも、法的には不貞行為が事実でなければ、姦通であると評価されません。

 

プレイメイトとハズバンドが体の交わりをしていた時に、法律的な見解から姦通と査定されます。

 

反対に、配偶者が不倫対象者と性の営みをしていないなら、密会だと激しく尋問すると、自身の立場が都合悪くなってしまいかねない。

 

主人の不倫相手に対して誅罰 として高い価格の慰謝料接収 をして仕返しを行う手順。

 

不義の賠償金接収 には、法的効力のあるプルーフが絶対に欠くことができないので、弁護士自身が探偵組織を設立している会社もあり、そこでは高額な慰謝料請求をしてやった数がが多いので熟知しています。

 

適法なスキルで高額な慰謝料催促をして、密会相手に対して懲らしめしたい方へ。